奨学金事業 scholarship

FAQ

皆様からお問い合わせなどによく寄せられる質問を集めました。
ご不明点はこちらでご確認ください。
ここにないご質問に関しては、お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。

奨学金について

一般奨学金と期間限定奨学金の違いを教えてください。

主な違いは次のとおりです。

優待生・特待生とはどのようなものですか?

一般奨学金の受給者(奨学生)を対象とし、前年度の活動の状況(成績、レポート、研修、その他の活動)を総合的に評価し、理事会で決議のうえ、優待生・特待生として1年間認定するものです。優待生・特待生に選ばれた場合、優待生には月額4万5千円、特待生には月額6万円を給付します。

毎年度評価を行いますが、継続して特待生に選ばれた場合、奨学金の合計は最大252万円となります。(4年間の奨学金の合計/4年生大学の場合)

奨学生になった後、留学するかもしれません。その間、大学は休学扱いになるそうですが、 奨学金給付はどの様になるのでしょうか。

休学中は財団に「休学願」を提出していただき、その申請内容によって判断しますが原則給付を休止とします。復学した際、留年などの特段の問題がなければ、原則として認定期間 (当初2年間)まで給付をします。奨学金継続申請については、個別で検討します。

奨学金は返す必要がありますか?

当財団の奨学金は「給付型」であり、返還する必要はありません。

応募資格について

他の奨学金を受給していても応募は可能でしょうか?

応募は可能です。(他の奨学金併用可能です)

何年生が応募できますか?

応募できる学年は次のとおりです。


<一般奨学金>
当財団で定めた学部・学科等に在籍する1年生が応募できます。また、4年制大学の場合は、3年生も応募可能です。


<期間限定奨学金>
当財団で定めた学部・学科等に在籍する1年生~4年生が応募できます。

編入学をしましたが、応募は可能でしょうか。可能だとしたら、前学の成績証明書が必要でしょうか。

編入学の場合は以下のとおりです。


<一般奨学金>
4年制大学の3年次編入のみ可能です。春採用の場合は、前学の成績証明書を提出してください。


<期間限定奨学金>
2年次編入、3年次編入、4年次編入いずれも可能です。春採用の場合は、前学の成績証明書を提出してください。

通学している学部では、保育士や幼稚園教諭資格取得できますが、私は教科専門で教師を目指しています。その場合、奨学生の対象になりますか?

応募時点で、福祉施設や幼児教育施設等で就業を希望していない場合は、対象になりません。

財団に提出するレポートの頻度と内容を教えてください。

レポートの提出は年 1 回程度です。内容としては、大学・学校での学びや経験の振り返り、現状や今後の予定等を纏めて報告していただきます。

外国籍ですが、応募はできますか?

永住者、特別永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者のいずれかの在留資格を有する場合は、応募ができます。


なお、期間限定奨学金については留学の在留資格であっても、大学学長(校長)および指導教授の書面による推薦を受け、各大学(各学校)の学生課経由での応募ができる場合は、応募ができます。(大学または学校単位で1名まで/応募書類に推薦書を添付)


ただし、応募書類および各証明書は日本語で書かれているものに限りますので、ご注意ください。(日本語で書かれた証明書を入手することができない場合は、事前にご相談ください)

応募時の必要書類について

給与所得を証明する書類は源泉徴収票でもいいでしょうか?

勤め先が発行する源泉徴収票は不可です。お住まいの市区町村が発行する「課税(非課税)証明書(原本)」「住民税証明書(原本)」「市区町村・都県民税課税(非課税・所得)証明書(原本)」のいずれかを提出してください。

大学・学校からの推薦書は必要ですか?

大学・学校からの推薦書は必要ありません。学生の方は、直接、当財団まで応募書類等を送ってください。(期間限定奨学金で在留資格が留学の場合に限り推薦書が必要)

応募したいのですが、高校卒業後5年以上経っているので、調査書は発行できないと高校から言われました。どのようにしたらよいでしょうか。

「学校教育法施行規則」により、保存期間を超えた文書は保管されていない場合があります。その場合は「単位習得証明書」(卒業後20年発行可能)を学校から発行していただき、ご自身が持っている「通知書」のコピーと併せて提出していただく等の方法を取ります。いずれにせよ、個別対応しますので、その場合は事前にご相談ください。

所得の証明について

現在施設に入所していて、父母がいません。所得に関する証明はどの様にしたらよいでしょうか。

施設長が証明する在籍証明書をもって、所得証明とみなします。その場合は事前にご相談ください。

親と同居をしておりますが、親の扶養からは外れており、社会保険料(年金・健康保険)も自分で支払っています。この場合、親の所得証明書は不要でしょうか?

ご本人と親御さんの所得証明書を提出してください。(親と同一の家屋に起居している場合は、親の扶養から外れていたとしても、生計を一にしていると判断されるため/親と同居で本人が親を扶養している場合は本人分のみ)

審査について

これまでの募集要項書には、「筆記試験」とありましたが、今回は見当たりません。筆記試験は無くなったのでしょうか?

2019年(令和元年)第2回(秋季)募集から筆記試験を無くしました。

面接はどのような形式で行われるのですか?

4人~6人程度のグループを作り、課題に対してグループ内で解決策等を検討する、つまりグループワーク形式で面接試験を行っています。
なお、グループワークでは、一般的に役割分担(司会・タイムキーパー・書記等)が必要とされますが、この面接試験においては役割分担は不要です。(役割分担による評価は行いません)

なお、期間限定奨学金では、面接を行いません。


奨学生の認定期間が3月に終了となるため、継続を希望しています。継続審査に応募したいのですが、その案内はいつ頃になりますか?また審査の結果はいつ頃わかりますか?

継続申請の案内は、4月上旬までに対象者全員のご自宅に、郵送にてお知らせします。進級の状況、学業成績、修学上の健康状態、レポートの内容他、総合的に審査を行い、6月下旬にその結果をお知らせします。
継続が認められた場合は、奨学生の認定期間を延長し制度上の終了(修業年限)まで、奨学金給付対象期間を延長します。(最初の奨学金の振込は6月末/4カ月分をまとめて給付)
なお、継続申請が期限までに提出されない場合や、審査で否認された場合は、当初の奨学生認定期間をもって終了となりますので、ご注意ください。(※進学や編入学をした場合、継続申請はできません)

その他

卒業後、特定の企業に就職する義務はありますか?

義務は全くありません。卒業後の進路については、奨学生ご本人が自由に決めていただくもので、当財団が制約するものではありません。

財団が行う研修、交流会とは、具体的にどういうものでしょうか。

社会人になってから必要と思われる能力を身に付ける為の研修を実施します。(ビジネス マナー研修、コミュニケーション研修、リーダーシップ研修、研修・視察旅行等)

交流会とは、OB・OGを含めた交流会、卒業を祝う会等、年に数回です。学業優先で土日を中心に実施します。強制参加ではないですが、ご都合が良ければ積極的にご参加ください。交通費はほとんどの場合支給します。実費ではなくお住まいの地域により一律の金額となります。

Page top